都内バーで「虫カクテル」、バレンタインで

食料難や環境問題から注目される昆虫食

 2月13日、都内のバーで12日夜、バレンタイン企画として「虫スイーツ」や「虫カクテル」を楽しむイベントが開かれ、90人近くが参加した(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 13日 ロイター] - 都内のバーで12日夜、バレンタイン企画として「虫スイーツ」や「虫カクテル」を楽しむイベントが開かれ、90人近くが参加した。

この日登場したのはタイから輸入した水生昆虫のタガメを使ったカクテルや、キャラメリーゼしたミールワーム、タガメ・チョコレートケーキなどのスイーツ。アリやコオロギ、トノサマバッタを使ったものもあるという。

参加者の女性は「虫は汚いとか怖いとか思っていたけど、このカクテルはフルーティーで美味しい。虫も良いにおいがする。食として可能性があるかもしれない」と話す。

このイベントを企画した篠原祐太さん(22歳)は昆虫食を盛り上げていきたいという。「虫が大好きで食べるのも楽しい。魅力や可能性には自信を持っている。食糧難や環境問題という点からも昆虫食は注目されているが、まずは面白いとか楽しいとか思ってもらいたい」と話した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT