都内バーで「虫カクテル」、バレンタインで

食料難や環境問題から注目される昆虫食

 2月13日、都内のバーで12日夜、バレンタイン企画として「虫スイーツ」や「虫カクテル」を楽しむイベントが開かれ、90人近くが参加した(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 13日 ロイター] - 都内のバーで12日夜、バレンタイン企画として「虫スイーツ」や「虫カクテル」を楽しむイベントが開かれ、90人近くが参加した。

この日登場したのはタイから輸入した水生昆虫のタガメを使ったカクテルや、キャラメリーゼしたミールワーム、タガメ・チョコレートケーキなどのスイーツ。アリやコオロギ、トノサマバッタを使ったものもあるという。

参加者の女性は「虫は汚いとか怖いとか思っていたけど、このカクテルはフルーティーで美味しい。虫も良いにおいがする。食として可能性があるかもしれない」と話す。

このイベントを企画した篠原祐太さん(22歳)は昆虫食を盛り上げていきたいという。「虫が大好きで食べるのも楽しい。魅力や可能性には自信を持っている。食糧難や環境問題という点からも昆虫食は注目されているが、まずは面白いとか楽しいとか思ってもらいたい」と話した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング