米プレイボーイ誌、フルヌード写真復活へ

掲載停止から1年で方針転換

 2月13日、米男性誌の「プレイボーイ」は2017年3/4月号に女性のフルヌード写真を再び掲載すると明らかにした。時代遅れだとして女性のヌード写真掲載を止めてからちょうど1年となる。写真はPlayboy Enterprises提供の3/4月号表紙(2017年 ロイター/Courtesy Gavin Bond/Playboy Enterprises, Inc)

[ロサンゼルス 13日 ロイター] - 米男性誌の「プレイボーイ」は13日、2017年3/4月号に女性のフルヌード写真を再び掲載すると明らかにした。時代遅れだとして女性のヌード写真掲載を止めてから、ちょうど1年となる。

最新号のタイトルは「裸は自然」。創刊者であるヒュー・ヘフナー氏の孫でチーフ・クリエイティブオフィサーでもあるクーパー・ヘフナー氏は、「原点に復帰し、私たちが誰かを主張する」と、ウエブサイトに掲載された声明で述べた。

同誌は1953年創刊。1975年には発行部数約560万部を誇ったが、近年は80万部まで減少していた。2015年10月にフルヌード写真の掲載を2016年3月号から中止すると発表し、最後のヌード掲載号となった同年1/2月号では女優・モデルのパメラ・アンダーソンさんが表紙に起用された。

2016年3月からリニューアル版を発行し、ヌードではない女性の写真を掲載している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT