米プレイボーイ誌、フルヌード写真復活へ

掲載停止から1年で方針転換

 2月13日、米男性誌の「プレイボーイ」は2017年3/4月号に女性のフルヌード写真を再び掲載すると明らかにした。時代遅れだとして女性のヌード写真掲載を止めてからちょうど1年となる。写真はPlayboy Enterprises提供の3/4月号表紙(2017年 ロイター/Courtesy Gavin Bond/Playboy Enterprises, Inc)

[ロサンゼルス 13日 ロイター] - 米男性誌の「プレイボーイ」は13日、2017年3/4月号に女性のフルヌード写真を再び掲載すると明らかにした。時代遅れだとして女性のヌード写真掲載を止めてから、ちょうど1年となる。

最新号のタイトルは「裸は自然」。創刊者であるヒュー・ヘフナー氏の孫でチーフ・クリエイティブオフィサーでもあるクーパー・ヘフナー氏は、「原点に復帰し、私たちが誰かを主張する」と、ウエブサイトに掲載された声明で述べた。

同誌は1953年創刊。1975年には発行部数約560万部を誇ったが、近年は80万部まで減少していた。2015年10月にフルヌード写真の掲載を2016年3月号から中止すると発表し、最後のヌード掲載号となった同年1/2月号では女優・モデルのパメラ・アンダーソンさんが表紙に起用された。

2016年3月からリニューアル版を発行し、ヌードではない女性の写真を掲載している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。