エッフェル塔の土台囲む防弾ガラスの壁計画

高さは2.5メートル、仏が「テロ対策」強化へ

 2月9日、パリの観光名所であるエッフェル塔について、テロ対策として土台部分を囲む高さ2.5メートルの防弾ガラスの壁を設置する計画が検討されていることが市長筋によって明らかになった。写真は先月17日撮影(2017年 ロイター/Philippe Wojazer)

[パリ 9日 ロイター] - パリの観光名所であるエッフェル塔について、テロ対策として土台部分を囲む高さ2.5メートルの防弾ガラスの壁を設置する計画が検討されている。市長筋が9日、明らかにした。

高さ324メートルのエッフェル塔には、年間700万人の観光客が訪れる。土台には、サッカーの2016年欧州選手権(ユーロ2016)フランス大会が開催された際、臨時の金属柵が設置されている。

ガラス柵の設置計画は、まずエッフェル塔運営委員会に諮られ、次に環境当局に提出される。パリジャン紙によると、設置費用は2000万ユーロ(約24億円)前後の見通し。

フランスはこれまで何度もイスラム過激派による攻撃の標的となっており、2015年11月のパリ攻撃では130人が死亡している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT