ユニクロの1月国内既存店売上高は-2.5%

客単価増加も客数は減少、昨年1月の反動か

 2月2日、ファーストリテイリング は、1月の国内ユニクロ既存店売上高が前年比2.5%減少したと発表した。マイナスは2カ月連続。写真は都内で昨年1月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 2日 ロイター] - ファーストリテイリング <9983.T> は2日、1月の国内ユニクロ既存店売上高が前年比2.5%減少したと発表した。マイナスは2カ月連続。

客単価は3.0%増加したものの、客数が5.4%減少した。客数減は2カ月連続となる。同社では、初売りなどは好調だったものの、昨年の増収率が高かったことから、マイナスになったとしている。昨年1月は14.6%増加していた。

 

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。