ユニクロの1月国内既存店売上高は-2.5%

客単価増加も客数は減少、昨年1月の反動か

 2月2日、ファーストリテイリング は、1月の国内ユニクロ既存店売上高が前年比2.5%減少したと発表した。マイナスは2カ月連続。写真は都内で昨年1月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 2日 ロイター] - ファーストリテイリング <9983.T> は2日、1月の国内ユニクロ既存店売上高が前年比2.5%減少したと発表した。マイナスは2カ月連続。

客単価は3.0%増加したものの、客数が5.4%減少した。客数減は2カ月連続となる。同社では、初売りなどは好調だったものの、昨年の増収率が高かったことから、マイナスになったとしている。昨年1月は14.6%増加していた。

 

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。