ユニクロの1月国内既存店売上高は-2.5%

客単価増加も客数は減少、昨年1月の反動か

 2月2日、ファーストリテイリング は、1月の国内ユニクロ既存店売上高が前年比2.5%減少したと発表した。マイナスは2カ月連続。写真は都内で昨年1月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 2日 ロイター] - ファーストリテイリング <9983.T> は2日、1月の国内ユニクロ既存店売上高が前年比2.5%減少したと発表した。マイナスは2カ月連続。

客単価は3.0%増加したものの、客数が5.4%減少した。客数減は2カ月連続となる。同社では、初売りなどは好調だったものの、昨年の増収率が高かったことから、マイナスになったとしている。昨年1月は14.6%増加していた。

 

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。