ユニクロの1月国内既存店売上高は-2.5%

客単価増加も客数は減少、昨年1月の反動か

 2月2日、ファーストリテイリング は、1月の国内ユニクロ既存店売上高が前年比2.5%減少したと発表した。マイナスは2カ月連続。写真は都内で昨年1月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 2日 ロイター] - ファーストリテイリング <9983.T> は2日、1月の国内ユニクロ既存店売上高が前年比2.5%減少したと発表した。マイナスは2カ月連続。

客単価は3.0%増加したものの、客数が5.4%減少した。客数減は2カ月連続となる。同社では、初売りなどは好調だったものの、昨年の増収率が高かったことから、マイナスになったとしている。昨年1月は14.6%増加していた。

 

(清水律子)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT