JALとANA、イスラム圏は米入国の可否を確認

トランプ大統領による入国禁止措置の余波

 1月30日、トランプ米大統領によるイスラム圏7カ国からの入国禁止措置を受け、日本航空とANAホールディングス傘下の全日本空輸は、米国便のチェックイン時に対象7カ国のパスポートを所持した旅客に対し、米国入国の可否を確認することを決めた。写真は都内で昨年10月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 30日 ロイター] - トランプ米大統領によるイスラム圏7カ国からの入国禁止措置を受け、日本航空<9201.T>とANAホールディングス<9202.T>傘下の全日本空輸は30日、米国便のチェックイン時に対象7カ国のパスポートを所持した旅客に対し、米国入国の可否を確認することを決めた。入国が許可されないことが判明した場合、旅客にその旨を伝え、搭乗を控えるよう勧める。

チェックイン時、日航は同7カ国のパスポートを所持した旅客の入国の可否を米国境警備当局に照会する。全日空は外交官ビザや永住権カード(グリーンカード)を持っているかどうかをチェックし、それ以外の旅客は原則、搭乗しないよう案内する。全日空は入国が認められず、航空券を同社から直接購入した旅客に対しては払い戻しに応じるとしている。

(白木真紀)

人気記事
トピックボードAD
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。