JALとANA、イスラム圏は米入国の可否を確認

トランプ大統領による入国禁止措置の余波

 1月30日、トランプ米大統領によるイスラム圏7カ国からの入国禁止措置を受け、日本航空とANAホールディングス傘下の全日本空輸は、米国便のチェックイン時に対象7カ国のパスポートを所持した旅客に対し、米国入国の可否を確認することを決めた。写真は都内で昨年10月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 30日 ロイター] - トランプ米大統領によるイスラム圏7カ国からの入国禁止措置を受け、日本航空<9201.T>とANAホールディングス<9202.T>傘下の全日本空輸は30日、米国便のチェックイン時に対象7カ国のパスポートを所持した旅客に対し、米国入国の可否を確認することを決めた。入国が許可されないことが判明した場合、旅客にその旨を伝え、搭乗を控えるよう勧める。

チェックイン時、日航は同7カ国のパスポートを所持した旅客の入国の可否を米国境警備当局に照会する。全日空は外交官ビザや永住権カード(グリーンカード)を持っているかどうかをチェックし、それ以外の旅客は原則、搭乗しないよう案内する。全日空は入国が認められず、航空券を同社から直接購入した旅客に対しては払い戻しに応じるとしている。

(白木真紀)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。