韓国でようやく「ポケモンGO」が正式リリース

セキュリティ懸念で海外より半年遅れて開始

 1月24日、任天堂などが開発したスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」が同日、韓国で正式にリリースされた。写真は都内で昨年7月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[ソウル 24日 ロイター] - 任天堂<7974.T>などが開発したスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」が24日、韓国で正式にリリースされた。同ゲームがユーザーの位置把握に利用するグーグルマップに関してセキュリティーの面で懸念がもたれており、海外に比べ半年遅れのサービス開始となった。

韓国では安全保障上の理由から、ほぼ全域でグーグルマップの機能が政府により制限されている。リリースに当たり、マップを巡る問題をどう解決したのかについて、ポケモン・コリアと開発元の米ナイアンティックの両社は詳細を明らかにしていない。ナイアンティックのアートディレクター、デニス・ファン氏は「公的にアクセス可能なあらゆるデータソースを利用した」と説明した。

リリース当日は、朝方にアクセス集中によりダウンロードが一時不可能となったものの、障害はまもなく解消された。ある熱心なファンはフェイスブックで「ポケモンGOがきょう正式にリリースされた。人気はもう下火だが、私はやろうと思う」と書き込んだ。

調査会社ニューズーによると韓国は中国、米国、日本に次ぐ世界第4位のゲーム市場。リリース前の韓国では待ちきれない一部ファンが、グーグルマップ上ではまだ韓国領に分類されておらず、ポケモンGOをプレーできた北朝鮮との国境、ソクチョに遠征する事態が起きていた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。