マックは、なぜ「コーヒー刷新」を決めたのか

エチオピア産豆を追加、価格据え置きで勝負

コンビニコーヒーに対抗してリニューアル、業績も回復傾向にある(記者撮影)

「豆の焙煎のプロセスを一から見直した。コーヒー好きのお客様なら必ず満足してもらえると確信している」。日本マクドナルドホールディングスのサラ・カサノバ社長は、1月12日に発表したコーヒーのリニューアルについて自信たっぷりに語った。

「メニューは私たちの中核」というカサノバ社長が2017年のテーマとして掲げたのは「おいしさ向上宣言」。定番商品の改善・強化に取り組んでいくというのだ。

その第1弾となったのが「プレミアムローストコーヒー(ホット)」だ。同商品は2008年に発売。それまでより高品質な豆を使用し、全店に専用のコーヒーマシンを導入した。風味にこだわった100円コーヒーの先駆けとして話題となった。発売初年度は前年比3割増の2億6000万杯を売り上げた。

エチオピア産の豆を追加

その後、2012年にリニューアルを図ったが、2013年にセブンイレブンが参入するなど、コンビニコーヒーが台頭し競争が激化。「客の嗜好も変化した」(小室武史・ナショナルマーケティング部上席部長)ことから、今回2度目のリニューアルを行い、テコ入れを図る。

新コーヒーの最大の特徴は、従来から使用していたブラジル、コロンビア、グァテマラ産の豆に、フルーティな香りと酸味が特徴のエチオピア産の豆を加えたことだ。Sサイズで100円、Mサイズ150円という価格は据え置く。1月16日から5日間、朝7~10時の間はSサイズコーヒーを無料で提供、カップも白を基調にしたものに変えて刷新をアピールする。

全体の業績もこのところ回復基調にある。2016年はすべての月で既存店の客単価、客数が前年同月を超過。2016年通期(1~12月)累計で既存店売上高は20%増となった。特に伸びを牽引したのは高単価の期間限定商品だ。2月の「名前募集バーガー」を皮切りに、矢継ぎ早に限定メニューを投入。4月に発売した「グランドビッグマック」(520円)は、2010年発売の「テキサスバーガー」以来、一時販売数量を制限するほどの大ヒットになった。

さらに7月には「ポケモンGO」と提携し、失われたブランドイメージと客の取り戻しに尽力した。カサノバ社長は「2016年はマクドナルドブランドを取り戻すべく努力をした。店舗に客は戻りつつある。2017年はこの回復を積み重ね、成長を重ねる年になる」と語る。

次ページ定番商品で人気投票を実施
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT