中国アリババがIOCとスポンサー契約締結

契約期間は2028年まで、金額は明らかにせず

 1月19日、中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディングは国際オリンピック委員会(IOC)とスポンサー契約を結んだと発表した。浙江省杭州の本社で2010年5月撮影(2017年 ロイター/Steven Shi/File Photo)

[ダボス(スイス) 19日 ロイター] - 中国の電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング<BABA.N>は、国際オリンピック委員会(IOC)とスポンサー契約を結んだ。契約期間は2028年まで。両者が19日、発表した。

アリババは、米コカ・コーラ<KO.N>やマクドナルド<MCD.N>などが名を連ねる「TOP」スポンサー契約を結んだ。

契約金額は明らかになっていない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT