トランプ氏の個人情報入手、ロシアが否定

ロシアの大統領報道官が「全くナンセンス」

 1月11日、ロシアのペスコフ大統領報道官(写真)は、同国の諜報員がトランプ次期米大統領の個人情報を入手していたとの報道について、「全くナンセンスだ」と述べた。2016年5月撮影(2017年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[モスクワ 11日 ロイター] - ロシアのペスコフ大統領報道官は11日、同国の諜報員がトランプ次期米大統領の個人情報を入手していたとの報道について、「全くナンセンスだ」と述べた。

2人の米当局者によると、米情報機関幹部らがトランプ氏に先週説明した機密文書に、ロシアの諜報員が同氏に関する不名誉な情報を得たという未確認情報が含まれていたという。

ペスコフ報道官は電話会見で、こうした見方について「二国関係を傷つけようとする企てで、安っぽい作り話だ」と指摘。ロシア政府はいかなる人物についても不利な情報を収集しようとしておらず、自国の外交パートナーとの関係構築に注力していると述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。