トランプ氏の個人情報入手、ロシアが否定

ロシアの大統領報道官が「全くナンセンス」

 1月11日、ロシアのペスコフ大統領報道官(写真)は、同国の諜報員がトランプ次期米大統領の個人情報を入手していたとの報道について、「全くナンセンスだ」と述べた。2016年5月撮影(2017年 ロイター/Sergei Karpukhin)

[モスクワ 11日 ロイター] - ロシアのペスコフ大統領報道官は11日、同国の諜報員がトランプ次期米大統領の個人情報を入手していたとの報道について、「全くナンセンスだ」と述べた。

2人の米当局者によると、米情報機関幹部らがトランプ氏に先週説明した機密文書に、ロシアの諜報員が同氏に関する不名誉な情報を得たという未確認情報が含まれていたという。

ペスコフ報道官は電話会見で、こうした見方について「二国関係を傷つけようとする企てで、安っぽい作り話だ」と指摘。ロシア政府はいかなる人物についても不利な情報を収集しようとしておらず、自国の外交パートナーとの関係構築に注力していると述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。