レアル39戦無敗、スペイン最多記録に並ぶ

16試合を消化して勝ち点40で首位

 1月7日、サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードはグラナダを5─0で退け、公式戦39戦無敗としてスペイン最多記録に並んだ。写真は得点を喜ぶレアルの選手たち(2017年 ロイター/Juan Medina)

[バルセロナ 7日 ロイター] - サッカーのスペイン1部は7日、各地で試合を行い、レアル・マドリードはグラナダを5─0で退け、公式戦39戦無敗としてスペイン最多記録に並んだ。

レアルは前半12分にイスコのゴールで先制すると、カリム・ベンゼマ、クリスティアノ・ロナルドも続き、さらにイスコが2点目を決めて4─0で試合を折り返した。後半13分にカゼミロがFKに合わせて今季初得点をマークした。

アトレチコ・マドリードは乾貴士を擁するエイバルを2─0で下した。乾は先発し、後半23分に退いた。清武弘嗣が所属するセビリアはレアル・ソシエダに4─0の勝利。清武はベンチ外だった。ラスパルマスはヒホンを1─0で下した。

レアルは16試合を消化して勝ち点40で首位。17試合で勝ち点36のセビリアが暫定2位に浮上。アトレチコは同31で暫定4位とし、ソシエダは同29の暫定6位に後退した。エイバルは同23で暫定9位。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT