寄り付きの日経平均続落、3週ぶり安値水準に

1万9000円を下回る

 12月30日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比147円46銭安の1万8997円68銭となり、続落して始まった。東京証券取引所で2015年7月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 30日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比147円46銭安の1万8997円68銭となり、続落して始まった。節目の1万9000円を割り込み、取引時間中としては12月9日以来、3週ぶりの安値水準を付けた。

外為市場では一時1ドル116円台前半までドル安/円高が進行。外需大型株が軟調な滑り出しとなっているほか、米金利の上昇一服を背景に金融株も下落している。半面、医薬品はしっかり。連日の大幅安となった東芝<6502.T>は買い戻しが入り、上昇スタートとなっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT