寄り付きの日経平均続落、3週ぶり安値水準に

1万9000円を下回る

 12月30日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比147円46銭安の1万8997円68銭となり、続落して始まった。東京証券取引所で2015年7月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 30日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比147円46銭安の1万8997円68銭となり、続落して始まった。節目の1万9000円を割り込み、取引時間中としては12月9日以来、3週ぶりの安値水準を付けた。

外為市場では一時1ドル116円台前半までドル安/円高が進行。外需大型株が軟調な滑り出しとなっているほか、米金利の上昇一服を背景に金融株も下落している。半面、医薬品はしっかり。連日の大幅安となった東芝<6502.T>は買い戻しが入り、上昇スタートとなっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT