ロシア軍機墜落、搭乗者92人全員死亡の公算

シリアに向かう途中で黒海に墜落

 12月25日、シリアに向かっていたロシアの軍機が黒海に墜落。ロシア当局は、乗員含む92人全員が死亡したもようと発表した。現場付近を捜索するロシア非常事態省のボート、ソチ近郊で撮影(2016年 ロイター/Maxim Shemetov)

[モスクワ 25日 ロイター] - シリアに向かっていたロシアの軍機が25日、黒海に墜落。ロシア当局は、乗員含む92人全員が死亡したもようと発表した。ロシア国防省によると、複数の軍機(ツポレフTU─154)の1機が、給油のため立ち寄ったソチを飛び立った2分後にレーダーから消えた。

軍のスポークスマンは会見で、黒海の深さ約70メートルの所で機体の残骸を発見したとし、生存者はいないと述べた。

ロシアの通信社インタファクスは、軍関係者の話として、墜落した軍機はSOSを発信していなかった、と伝えた。

プーチン大統領は、12月26日を服喪の日とすると発表した。

この軍機には、軍関係者など84人、乗員8人が搭乗していた。うち少なくとも60人は、軍の音楽団のメンバーで、シリアにあるロシア空軍基地を慰問する予定だった。また、9人のロシア人記者も搭乗していた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。