親依存の30歳女性が「自分は貧困」と思うワケ

部屋の中はキャラグッズだらけだが・・・

女子小学生のようなフェアリー系の服装で現れた、本多梨美さん(30歳、仮名)
この連載では、女性、特に単身女性と母子家庭の貧困問題を考えるため、「総論」ではなく「個人の物語」に焦点を当てて紹介している。個々の生活をつぶさに見ることによって、真実がわかると考えているからだ。今回紹介するのは、適応障害とうつを抱える、東京都に住む30歳の独身女性だ。

 

「私、とにかく不安なんです! すごく貧困です!!」

女子小学生のようなフェアリー系の服装で身を固める本多梨美さん(30歳、仮名)は、顔を合わせるなりそう訴える。

「不安で不安で、仕方ない。本当にささいなことで悩んじゃって、この前、お母さんが“風邪をひいた”ってなった。そこから悪い病気じゃないかとか、親がこのまま死んじゃったら、もう生きていけないとか。深く考えちゃって。私ひとりでは自立できないから、妹に迷惑がかかっちゃう。だったら死んじゃったほうがいいみたいな。毎日毎日、そうやって悩んで頭がおかしくなっています」

この連載の一覧はこちら

東京郊外の繁華街、平日昼間からとにかくたくさんの人がいる。異常に目立つ彼女のことは、すぐにわかった。外見は年齢相応だが、女子小学生に人気の月刊誌「ちゃお」から出てきたような服装。リュックはうさぎのぬいぐるみ。デコレーションされたカバンの中は、キャラクターグッズだらけだ。

「27歳のときに適応障害で仕事を辞めてから、どうしても働けなくてずっと実家にパラサイト。数万円の退職金と、その後、ハローワークでもらえるおカネ(雇用保険)が切れてから、親が全部面倒みてくれる感じです。そんな状態なのに買い物しちゃって、我慢できないで服とかネットでポチッちゃった。支払いもできないのに、どうしようどうしようってパニックになって。お母さんにバレて怒られた。請求された7万円は、結局、親が払ってくれました。もう自己嫌悪です」

経済的な窮状を語る。10代半ばから適応障害とうつを抱え、新卒で就職したドラッグストアの非正規職は4年間継続したが、上司にしかられて出勤ができなくなった。それから何度バイトしても1週間以上続かず、30歳になってしまう。この3年間は、年収10万円を切る。

適応障害とは学校や職場などの特定の状況が、とても耐え難く感じられて、気分や行動がおかしくなる障害だ。過剰過敏に反応してしまってストレスとなり、そこから離れないと治らない。社会に出て働くことが困難な障害だ。

部屋はキャラグッズだらけ

女子小学生が好むようなキャラクターの物であふれる自室

「働かない娘の面倒をみてくれて、買い物代を払ってくれる実家のある梨美さんは、貧困って言わないですよ。恵まれた家庭って言うの」

私はそう言った。iPhone 6 Plusもお母さんに買ってもらって、月額料金はすべて親が支払っているという。喫茶店に入る。「自分の部屋はキャラグッズだらけ。もう、幼稚園の頃からなんの成長もない」みたいな話をしているとき、携帯電話が鳴る。取材中だ。切ろうと思ったが、本連載「シャケを万引きした35歳主婦が抱える苦悩」に登場した鈴木百合さん(35歳、仮名)からだった。

次ページ何の用件なのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT