ZMP、顧客情報流出で上場手続きを延期

流出した顧客情報はすでに削除

 12月8日、自動運転技術を開発するベンチャーのZMPは、東証マザーズへの上場手続きを延期すると発表した。写真はロゴ、横浜市内で昨年10月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 8日 ロイター] - 自動運転技術を開発するベンチャーのZMP <7316.T>は8日、東証マザーズへの上場手続きを延期すると発表した。同社は11月17日に発表したインターネットへの顧客情報の流出問題が延期の理由としている。

同社は、12月8日に開いた取締役会で、新株発行と株売り出しの中止、および上場手続きの延期を決議した。同社は今月19日の上場に向け準備を進めていた。

同社によると、ネット上に流出した顧客情報はすでに削除されており、新たな流出も確認されていない。しかし、上場に向けた手続きを再開するには、情報セキュリティ対策の強化や従業員教育の徹底などが必要で、その整備には時間がかかると判断した、としている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。