米ヤフーがグーグルと広告事業で提携、マイクロソフトとの交渉は打ち切り

米ヤフーがグーグルと広告事業で提携、マイクロソフトとの交渉は打ち切り

米ヤフーは、米国時間の12日、広告配信を受けることなどを軸とした米グーグルとの提携を発表した。ヤフーは、グーグルの検索連動広告とコンテンツ連動広告(ウェブページの内容に合わせて表示する広告)を北米地域で導入する。ヤフーは昨年、グーグル追撃を目指し新しい検索広告システム「Panama」を導入したばかりだが、結局、マイクロソフトの圧力を受けることでグーグルに屈した格好だ。ヤフーは引き続きPanamaの運用も続ける。

また、グーグルとの提携発表と同時に、マイクロソフトとの買収・提携交渉を終了したと発表した。

なお、日本のヤフーは、「今回の提携による事業への影響はない」(広報部)としている。日本のヤフーは昨年、米ヤフーから検索広告子会社のオーバーチュア社を買収、「Panama」を本格導入して検索広告事業を強化している。
(東洋経済オンライン) 

人気記事
トピックボードAD
  • 鳥海高太朗のエアポート一刀両断
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。