米ヤフーがグーグルと広告事業で提携、マイクロソフトとの交渉は打ち切り

米ヤフーがグーグルと広告事業で提携、マイクロソフトとの交渉は打ち切り

米ヤフーは、米国時間の12日、広告配信を受けることなどを軸とした米グーグルとの提携を発表した。ヤフーは、グーグルの検索連動広告とコンテンツ連動広告(ウェブページの内容に合わせて表示する広告)を北米地域で導入する。ヤフーは昨年、グーグル追撃を目指し新しい検索広告システム「Panama」を導入したばかりだが、結局、マイクロソフトの圧力を受けることでグーグルに屈した格好だ。ヤフーは引き続きPanamaの運用も続ける。

また、グーグルとの提携発表と同時に、マイクロソフトとの買収・提携交渉を終了したと発表した。

なお、日本のヤフーは、「今回の提携による事業への影響はない」(広報部)としている。日本のヤフーは昨年、米ヤフーから検索広告子会社のオーバーチュア社を買収、「Panama」を本格導入して検索広告事業を強化している。
(東洋経済オンライン) 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。