路面電車の「速度オーバー」事故は防げるか

ロンドン路面電車の事故で浮上した課題

アントワープのトラムに設置された速度制御システム。赤い針が制限速度を示している

そこで、アントワープでは地下区間に限って数百メートルごとに信号装置を設置している。システムとしては、線路脇に設置された信号を車両が読み取り、制限速度を超えていれば即座にブレーキが掛かるという単純なものだ。

信号には3色の灯火以外に制限速度を示す数字が表示されるほか、運転室内に設置された速度計にも制限速度を示す赤い針があり、その速度を超えるとブレーキが掛かる仕組みになっている。日本の首都圏の鉄道で広く採用されているATC(自動列車制御装置)に似たシステムだ。

もちろん、この装置は地下区間を走行しているときのみ作動するもので、地上へ出て道路を走行する時には、この信号は作動しない。

速度制御を行なう地上側の設備は基本的に線路に設置されるため、自動車の往来がある道路上の区間に設置することは不可能だが、必要とされるのは高速で走行する専用線のため、こうしたシステムを導入することは物理的には可能だ。

今回のケースでは、前方車両やほかの自動車との衝突ではなく、列車が単独で速度超過し、事故を起こした点が問題となっている。もっとも速度が出る直線区間の終端に急角度のカーブがあるという線路構造は、今回のケースのように減速できなければ大事故の恐れが高いことからも、安全装置の設置は十分検討の余地があるだろう。しかしながら、導入コストをどこが負担するのかなど課題は多い。

運転再開に地元住民の複雑な思い

運行再開後、トラムは安全への取り組みについて理解を求めるポスターを車内へ掲示し、カーブでは以前よりかなり速度を落として運行している。クロイドンでは将来的なトラムの延伸も計画されているが、この事故によって市民が反発し、計画が頓挫しては困る。とはいえ、安全対策について早急に対策を講じなければ、普段の利用者である市民も納得できないだろう。

事故から1週間が経った夜でも、現場には祈りを捧げる人の姿が途切れることはなかった

現場付近を通るA232号線の道路沿いには、複数個所で献花が行なわれている。事故から1週間が経った夜10時頃でも、現場には祈りを捧げる人々が途切れることなく訪れ、ろうそくの灯火が絶えることはなかった。花束と共に、犠牲者の写真とメッセージ、それに生前応援していたであろう、地元クリスタルパレスのサッカーチームの旗やユニフォームで埋め尽くされている。

地元住民の複雑な思いを乗せ、トラムは運行再開された。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT