路面電車の「速度オーバー」事故は防げるか

ロンドン路面電車の事故で浮上した課題

事故現場付近に献花する人々

事故発生時の様子について停留所付近に住むスー・パテル氏は、明け方に大きな衝撃音が聞こえ、最初は自動車事故でも発生したのだと思っていたが、やがてヘリコプターの音が聞こえ、重大な事故が発生したことに気付いたと語っている。

一方で、この現場のカーブについては10月31日にも速度オーバーがあったと、利用客から交通局に苦情があったことも分かっている。利用客のアンディ・スミス氏は「あまりにスピードが速かったので、とてもカーブを曲がり切れるとは思えず、脱線すると感じた。このような事故は、いつか起こるのではないかと予感していた」とインタビューに答えている。

この10月31日の事故については、別の乗客もFacebook上で「カーブに40マイル(約64キロ)で進入し、片輪が持ち上がったのではないか。私たち乗客は全員、時が止まったと感じただろう。しばらく車体の揺れが止まらなかった」と記している。また、現場付近に住むパット・ルーク氏は「列車はたまに非常に速い速度でカーブへ進入していた」と語っている。

クロイドンのトラムでは、これまでも年に数件は自動車との接触事故が発生しており、2012年2月には脱線事故も発生したが、この際は、100人の乗客は負傷者もなく無事であった。昨年、開業15周年を迎えたトラムの歴史の中で、今回の事故は間違いなく最悪の惨事だ。英国内でも、5人以上の死者が発生した鉄道事故は、2001年にノースヨークシャー州で発生した事故以来となっている。

トラムに速度監視システムは難しいのか

ところで、トラムに制限速度オーバーをチェックし、減速させるための速度照査装置を付けることは難しいのだろうか。

これまで、トラムは道路上をほかの自動車などとともにゆっくり走ることが前提で、原則的には自動車と同じ交通法規が適用され、速度制御も運転士の技量のみに頼っていた。しかし今回の事故のように、道路ではない専用軌道を高速で走る場合、やはり何らかの速度制御を行なう信号システムが検討されても不思議なことではない。特に専用軌道区間の長いLRTなどの場合、こういったシステムの必要性は高いといえる。

ひとつの例として、アントワープのプレメトロを挙げることができる。ベルギー北部の町アントワープには、合計13路線のトラムが運行されているが、その中で市内中心部の一部区間は線路を地下化した路下電車方式(プレメトロ)が採用されている。

これは、中心部の狭隘な道路をトラムが走ることで道路の渋滞を招いたため、特に渋滞が酷かった一部区間のみ、線路を地下へ移したものだ。実質的には地下鉄ながら走るのはトラムという興味深いシステムだが、地下区間は見通しが悪く、一瞬のブレーキミスが追突事故を招く恐れがある。

次ページ地下を走る区間には信号システムを設置
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT