NHK杯男子SPで羽生首位、女子の宮原は3位

 11月25日、フィギュアスケートのGPシリーズ最終戦、NHK杯の男子SPで羽生結弦は今季世界最高の103.89点をマークし、トップに立った(2016年 ロイター/Issei Kato)

[25日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯は25日、札幌で競技を行い、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦は今季世界最高の103.89点をマークし、トップに立った。

田中刑事は80.49点で3位、日野龍樹は72.50点で9位だった。ネーサン・チェン(米国)が87.94点で2位につけた。

女子SPでは宮原知子が64.20点で3位。樋口新葉は62.58点で5位、松田悠良は60.98点で6位だった。71.56点のアンナ・ポゴリラヤ、69.96点のマリア・ソツコワ(ともにロシア)が1、2位を占めた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT