NHK杯男子SPで羽生首位、女子の宮原は3位

 11月25日、フィギュアスケートのGPシリーズ最終戦、NHK杯の男子SPで羽生結弦は今季世界最高の103.89点をマークし、トップに立った(2016年 ロイター/Issei Kato)

[25日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯は25日、札幌で競技を行い、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦は今季世界最高の103.89点をマークし、トップに立った。

田中刑事は80.49点で3位、日野龍樹は72.50点で9位だった。ネーサン・チェン(米国)が87.94点で2位につけた。

女子SPでは宮原知子が64.20点で3位。樋口新葉は62.58点で5位、松田悠良は60.98点で6位だった。71.56点のアンナ・ポゴリラヤ、69.96点のマリア・ソツコワ(ともにロシア)が1、2位を占めた。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。