スケートカナダSP、羽生結弦選手は4位発進

パトリック・チャンが1位、無良は2位

 10月28日、フィギュアスケートのGPシリーズ第2戦、スケートカナダの男子SPで羽生結弦は79.65点の4位スタートとなった(2016年 ロイター/Eric Bolte-USA TODAY Sports)

[28日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは28日、カナダのミシソーガで開幕。男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦は79.65点の4位スタートとなった。

無良崇人は81.24点をマークし、2位につけた。パトリック・チャン(カナダ)が90.56点でトップに立った。

女子SPでは本郷理華が65.75点で4位、宮原知子は65.24点で5位につけた。永井優香は40.39点で11位。エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が76.24点でトップに立った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT