スケートカナダSP、羽生結弦選手は4位発進

パトリック・チャンが1位、無良は2位

 10月28日、フィギュアスケートのGPシリーズ第2戦、スケートカナダの男子SPで羽生結弦は79.65点の4位スタートとなった(2016年 ロイター/Eric Bolte-USA TODAY Sports)

[28日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは28日、カナダのミシソーガで開幕。男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦は79.65点の4位スタートとなった。

無良崇人は81.24点をマークし、2位につけた。パトリック・チャン(カナダ)が90.56点でトップに立った。

女子SPでは本郷理華が65.75点で4位、宮原知子は65.24点で5位につけた。永井優香は40.39点で11位。エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が76.24点でトップに立った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。