スケートカナダ、羽生は2位・宮原は3位

無良崇人は8位、本郷理華は6位

 10月29日、フィギュアスケートのGPシリーズ第2戦、スケートカナダ、羽生結弦は男子フリーでトップの183.41点をマークし、合計263.06点で2位(2016年 ロイター/Dan Hamilton-USA TODAY Sports)

[29日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは29日、カナダのミシソーガで競技を行い、男子ではショートプログラム(SP)で4位と出遅れた羽生結弦がフリーでトップの183.41点をマークし、合計263.06点で2位に入った。

SP首位のパトリック・チャン(カナダ)が合計266.95点で優勝した。ケビン・レイノルズ(カナダ)が3位。SP2位の無良崇人は合計222.13点で8位に終わった。

女子ではSP5位の宮原知子がフリーで3位の126.84点をマークし、合計192.08点で3位だった。SP4位の本郷理華は6位、永井優香は11位だった。

エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が合計220.65点で優勝。ケイトリン・オズモンド(カナダ)が2位に入った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大論争! 財政再建か財政拡張か<br>消費増税延期論やMMT台頭も

株価急落と国内景気の減速で、消費増税の延期論が勃発した。根強く残る財政拡張派の主張は正しいのか。世界的な低金利の継続で台頭したMMT(現代貨幣理論)を含め、争点を検証する。小峰隆夫氏ら4人のエコノミストによる座談会も収録。