スケートカナダ、羽生は2位・宮原は3位

無良崇人は8位、本郷理華は6位

 10月29日、フィギュアスケートのGPシリーズ第2戦、スケートカナダ、羽生結弦は男子フリーでトップの183.41点をマークし、合計263.06点で2位(2016年 ロイター/Dan Hamilton-USA TODAY Sports)

[29日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは29日、カナダのミシソーガで競技を行い、男子ではショートプログラム(SP)で4位と出遅れた羽生結弦がフリーでトップの183.41点をマークし、合計263.06点で2位に入った。

SP首位のパトリック・チャン(カナダ)が合計266.95点で優勝した。ケビン・レイノルズ(カナダ)が3位。SP2位の無良崇人は合計222.13点で8位に終わった。

女子ではSP5位の宮原知子がフリーで3位の126.84点をマークし、合計192.08点で3位だった。SP4位の本郷理華は6位、永井優香は11位だった。

エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が合計220.65点で優勝。ケイトリン・オズモンド(カナダ)が2位に入った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT