スケートカナダ、羽生は2位・宮原は3位

無良崇人は8位、本郷理華は6位

 10月29日、フィギュアスケートのGPシリーズ第2戦、スケートカナダ、羽生結弦は男子フリーでトップの183.41点をマークし、合計263.06点で2位(2016年 ロイター/Dan Hamilton-USA TODAY Sports)

[29日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは29日、カナダのミシソーガで競技を行い、男子ではショートプログラム(SP)で4位と出遅れた羽生結弦がフリーでトップの183.41点をマークし、合計263.06点で2位に入った。

SP首位のパトリック・チャン(カナダ)が合計266.95点で優勝した。ケビン・レイノルズ(カナダ)が3位。SP2位の無良崇人は合計222.13点で8位に終わった。

女子ではSP5位の宮原知子がフリーで3位の126.84点をマークし、合計192.08点で3位だった。SP4位の本郷理華は6位、永井優香は11位だった。

エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が合計220.65点で優勝。ケイトリン・オズモンド(カナダ)が2位に入った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT