市場予想確率95%、来月の米利上げほぼ確実

米短期金利先物相場は完全に織り込み済み

 11月21日、短期金利先物は12月米利上げをほぼ完全に織り込んだ。写真はイエレンFRB議長。ワシントンで17日撮影(2016年 ロイター/Gary Cameron)

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 米短期金利先物相場は、米連邦準備理事会(FRB)による12月利上げをほぼ完全に織り込んだ。FRB高官の発言に加え、トランプ次期政権下で成長率やインフレ率が加速するとの見方が背景にある。

CMEグループのフェドウォッチによると、市場はFRBが12月会合でフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を0.50─0.75%へと25ベーシスポイント(bp)引き上げる可能性を約95%の確率で織り込んでいる。

2017年6月の会合で少なくとも0.75─1.00%に引き上げる可能性は53%の確率で織り込んでいる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT