差はわずか1ポイント、トランプ氏が巻き返し 

アメリカ大統領選の世論調査が急変

 10月30日、発表された米ABCテレビ/ワシントン・ポスト紙の世論調査によると、米大統領選の共和党候補トランプ氏の支持率が巻き返し、民主党候補クリントン氏との差を1ポイントに縮めた。写真はコロラド州で撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

[ワシントン 30日 ロイター] - 30日に発表された米ABCテレビ/ワシントン・ポスト紙の世論調査によると、米大統領選の共和党候補トランプ氏の支持率が巻き返し、民主党候補クリントン氏との差を1ポイントに縮めた。

クリントン氏が国務長官時代に公務で私用メールを使っていた問題で連邦捜査局(FBI)が捜査を再開したことが影響している可能性がある。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。