エジプト「女性猛獣トレーナー」の正体

危険は承知でも恐れず

 10月24日、エジプトのカイロにあるナショナル・サーカスでは、女性の猛獣使いがホワイトタイガーやアフリカライオンのショーに登場し、人気を博している。写真はロイタービデオから(2016年 ロイター)

[カイロ 24日 ロイター] - エジプトのカイロにあるナショナル・サーカスでは、女性の猛獣使いがホワイトタイガーやアフリカライオンのショーに登場し、人気を博している。

猛獣トレーナーのマハセン・アルヘルウさんは大学で国際法を学んだあと、父や祖母のあとを継いで、この道を選んだという。

マハセンさんは猛獣たちの恐ろしさも良く知っているという。父も祖母も調教した猛獣たちに襲われた経験があるからだ。

それでもマハセンさんは恐れない。「動物たちを愛していて、それぞれの個性やどう扱えばいいか知りたいと思っている。ショーで、ライオンやトラが普通のネコみたいな印象を与えるのはそのため。彼らは猛獣だけど、私にとっては、私の命令に従う友達のようなもの」と話す。

彼女のショーには、ホワイトタイガー2匹、アフリカライオン2匹、ホワイトライオン1匹、雌のアフリカライオン3匹、シベリアトラ2匹が登場する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT