鉄道役員「報酬と出身大学」はこうなっている

平均報酬6000万円超のトップはどの会社?

こうした前提を踏まえてランキングを作成してみたところ、JR3社が1~3位を占めた。その中でも突出するのがJR東海。1人当たり役員報酬6131万円は、JR西日本(4811万円)とJR東日本(4519万円)を大きく上回る。一方で、JR九州の1人当たり役員報酬は1833万円にとどまる。東日本、東海、西日本と比べると規模や収益力で劣るためと考えられるが、10月25日に晴れて上場する。資金調達も容易になり、これまでよりも積極果敢な経営戦略をとれる。利益が増えれば役員報酬も増えるかもしれない。

大手私鉄は2000万円前後が相場

大手私鉄各社は1000万円台後半から2000万円台に集中する。ちなみに東京都内に本社を置く上場企業の1人当たり役員報酬は2688万円、近畿地方では同2508万円となっている。大手私鉄の1人当たり役員報酬は上場企業の平均と大差ないといってよい。

関西の雄・阪急阪神ホールディングスの1人当たり役員報酬が833万円と少ないのが気になるが、持株会社の場合、こうしたケースがたまに生じる。同社の角和夫社長は阪急電鉄会長、坂井信也代表取締役は阪神電鉄会長をそれぞれ兼務している。このように役員が連結子会社の役員を兼務している場合、連結子会社の役員報酬のほうが高額になっている場合もあるからだ。たとえば阪急電鉄の1人当たり役員報酬は3400万円、阪神電鉄は同3080万円である。

次ページ役員の出身大学は?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT