まさかのトランプ大統領誕生を想定してみる

「マーフィーの法則」は知っていますよね?

最後は恒例の競馬コーナーだ。週末の3連休、10月9日は毎日王冠(GⅡ)、10月10日は京都大賞典(GⅡ)となる。特に毎日王冠(東京競馬場、1800m)は秋のGⅠ戦線の有力馬が抜け出すか、それとも「GⅡ番長」タイプが制するか、難解で興味が尽きないレースとなる。

毎日王冠の本命は、好調・田辺騎手騎乗のロゴタイプで

本命に推したいのはロゴタイプ。朝日FS、皐月賞を制した早熟タイプで、ながらく低迷していたものの、先の安田記念で大復活を遂げた。ところが距離が長いと見られているのか、評価が低いところが狙い目である。鞍上は通算600勝を挙げてこのところ好調の田辺騎手。先週のスプリンターズステークスでは、大本命ビッグアーサーの前を巧みに塞いで、9番人気ソルヴェイグに3着をもたらしている。

対抗は牝馬ルージュバック。人気はこちらが上だが、ここは軽く叩くだけと見て彼女の評価は一段下げる。

アンビシャスは大好きな馬なのだが、宝塚記念の負け方が悪過ぎるので今回は見送り。先週の凱旋門賞におけるマカヒキの嫌な負け方を思い起こすと、ステファノス、ディサイファなどのディープ産駒はどうも買いにくい。春先からのディープ産駒快進撃から潮目が変わったような気配もあり、今週末はその辺を見極めたい。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT