米政府、北朝鮮「核」に関与の中国企業に制裁

丹東鴻祥実業発展と同社の幹部4人

 9月26日、米政府は北朝鮮の核開発プログラムに関与したとして、中国企業に制裁措置を講じたと発表した。写真は中朝国境の橋を渡るトラック。2013年4月撮影(2016年 ロイター/Jacky Chen)

[ワシントン 26日 ロイター] - 米政府は26日、北朝鮮の核開発プログラムに関与したとして、中国企業に対し制裁措置を講じたと発表した。

米財務省はウェブサイト上に掲載した声明で、大量破壊兵器拡散に関する米規制の下、中国の産業用機械・装置の卸売業者である丹東鴻祥実業発展と同社の幹部4人を制裁の対象としたことを明らかにした。

米司法省も、制裁を逃れるために「ダミー会社」を使ったとして、同社と幹部4人を刑事訴追したと発表した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。