「飲む日焼け止め」は効くのか、効かないのか

科学的に効果は証明されていない

一粒で効果絶大? 副作用がないということは普通、効果がないことを意味する、という声も(写真:anzphoto_Inc, / PIXTA)

新しいタイプの日焼け止め製品が人気だが

スコット・カイル(53)はカリフォルニア州サンクレメンテに住む船員だ。毎朝、船に乗る前にUVOというオレンジ風味の「ドリンクタイプの日焼け止め」を飲むのが日課になっている。

製造元によれば、UVOにはビタミンがたっぷり含まれているほか、30種類の抗酸化物質や皮膚を日光によるダメージから守り、修復を助ける栄養素も入っているという。米国では、インターネットや日焼けサロンや薬局などで売られている。

「普通なら日焼けでひりひりした状態が2~3日も続くのに、今ではそれがない」とカイルは言う。「仲間たちにも飲ませたら、みんな違いに気がついた。今ではみんな、私のところにやってきては『今日はUVOを持ってきたか?』と聞くんだ」

カイルだけではない。アウトドア愛好家の間では、日焼け止めローションやジェルをいちいち塗らなくても紫外線から肌を守ることができるとうたった新しいタイプの日焼け止め製品の人気が広がっている。もっとも、効果のほどについては科学的にはほとんど証明されていないし、副作用があるかどうかもはっきりしていない。

ニューヨーク郊外の保養地ハンプトンズでは、海水浴客がヘリオケアというオレンジ色の錠剤をあたかもパーティドラッグのように飲んでいる。ヘリオケアは中南米原産のシダから作られていて、製造元によれば紫外線で痛んだ肌の回復力を高め、若々しさを保つ効果があるという。

次ページ厳しい試験は不要なサプリ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本ブランドを売り込め!<br>中国向けEC販路の最前線

中国で2015年以降に広がったライブコマース。「ソーシャルバイヤー」が商品説明をライブ動画で配信しネットで注文を受ける、ECの新手法だ。東京からの配信開始で、日本企業も熱い視線を注いでいる。越境ECの新しい販路をリポートする。