iPhone7の製造コスト、実はかなり高かった

「6S」より36.89ドル高いと試算

9月20日、IHSマークイットの調査で、米アップルの新型スマートフォン「iPhone7」の製造コストが従来機の「6S」を上回っていることが分かった。ロサンゼルスで16日撮影(2016年 ロイター/LUCY NICHOLSON)

[20日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>の新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)7」の製造コストが従来機の「6S」を上回っていることが分かった。IHSマークイットが実機を分解調査した試算を示した。容量の大きいバッテリーやストレージの搭載などでコストがかさんだもようだ。

IHSマークイットによると、基本的な製造コスト5ドルを含む、「7」の製造コストは224.80ドル。「6S」の製造コスト(IHSマークイット試算)よりも36.89ドル高い。

またIHSマークイットの分析によると、「7」の部品原価(BOM)は、ライバルで韓国のサムスン電子<005930.KS>と「ほぼ同等」の水準。ただ、アップルの方がマージンが高いという。

IHSマークイットでコスト分析を担当するアンドリュー・ラスウェイラー氏は「アップルのマージンは依然としてサムスンを上回っているが、部品原価は従来と比べて上がっている」との見方を示した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT