全員女性のヌード版「テンペスト」、NYで上演

「興味津々の人たち」が詰め掛けた

9月12日、英劇作家シェイクスピア作のロマンス劇「テンペスト」が、米ニューヨークの夏の風物詩「シェイクスピア・イン・ザ・パーク」に登場。キャストは全員が女性で、ヌードで演じられた。写真は動画から(2016年 ロイター)

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 英国の劇作家ウィリアム・シェイクスピア作のロマンス劇「テンペスト」が、米ニューヨークの夏の風物詩「シェイクスピア・イン・ザ・パーク」に登場した。キャストは全員が女性で、ヌードで演じられた。

シェイクスピア・イン・ザ・パークは、ニューヨーク市内の公園で上演されるシェイクスピア劇を無料で鑑賞できる人気イベント。

今回の演目の狙いは、表現の自由を称賛することだという。ミラノ大公プロスペローを演じた役者は「俳優としての表現だけでなく、女性としてセクシャリティーや裸体を表現するという点がおもしろかった」と話している。

客の入りは上々で、「興味津々の人たち」が詰め掛けたという。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。