錦織敗退、決勝はジョコビッチ-バブリンカ

全米オープン、男子シングルス準決勝

 9月9日、テニスの四大大会最終戦、全米オープンの男子シングルス準決勝、第6シードの錦織圭(写真)は第3シードのスタン・バブリンカに6─4、5─7、4─6、2─6で敗れた(2016年 ロイター/Robert Deutsch-USA TODAY Sports)

[ニューヨーク 9日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンは9日、男子シングルス準決勝を行い、第6シードの錦織圭は第3シードのスタン・バブリンカ(スイス)に6─4、5─7、4─6、2─6で敗れた。

錦織は第1セットをそつなく取ると第2セットの第1ゲームもブレークに成功したが、第4ゲームでブレークを返され、それからバブリンカに主導権を握られた。

バブリンカは全米オープンで初の決勝進出となった。

世界ランク1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は第10シードのガエル・モンフィス(フランス)を6─3、6─2、3─6、6─2で下し、決勝に進んだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT