錦織敗退、決勝はジョコビッチ-バブリンカ

全米オープン、男子シングルス準決勝

 9月9日、テニスの四大大会最終戦、全米オープンの男子シングルス準決勝、第6シードの錦織圭(写真)は第3シードのスタン・バブリンカに6─4、5─7、4─6、2─6で敗れた(2016年 ロイター/Robert Deutsch-USA TODAY Sports)

[ニューヨーク 9日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンは9日、男子シングルス準決勝を行い、第6シードの錦織圭は第3シードのスタン・バブリンカ(スイス)に6─4、5─7、4─6、2─6で敗れた。

錦織は第1セットをそつなく取ると第2セットの第1ゲームもブレークに成功したが、第4ゲームでブレークを返され、それからバブリンカに主導権を握られた。

バブリンカは全米オープンで初の決勝進出となった。

世界ランク1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は第10シードのガエル・モンフィス(フランス)を6─3、6─2、3─6、6─2で下し、決勝に進んだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT