全体の8割、「知人から」の性暴力のつらい実態

非は加害者にあるのに、自分を責めてしまう

――自分にも落ち度があったと責めてしまう人もいるのでしょうか。

そうですね。被害の発生場所としては、加害者の家や(被害者の)自宅が多いので、「部屋に上がらなければよかったんだ」「一緒にお酒を飲んだ私にも非がある」と、自分を責めてしまう人が少なくありません。

TSUBOMIに寄せられる相談は9割が女性からですが、男性からの相談も1割あります。男性は、女性以上に被害に遭ったことを相談しにくいです。「言っても信じてもらえない」と諦めてしまったり、「男は強いのだから抵抗できたはずだ」という世間のイメージから、「強いはずなのに襲われるなんて、男らしくない。ダメな人間だ」と、やはり自分を責めてしまうのです。

しかし悪いのは、望まない行為を強いた加害者です。被害者に非はありません。「私にも悪いところがあった」等と自分を責めたり、決してしないでください。

ショックの現れ方は、人によってそれぞれ

――性暴力の被害に遭った場合、まずどうすればいいのでしょうか。

可能であればまず産婦人科を受診してほしいです。レイプの場合は、妊娠のリスクを避けるためにも、できれば被害から72時間以内に受診して、緊急避妊薬(アフターピル)を服用してください。産婦人科を受診することで、性病などの早期発見・早期治療にもつながります。

TSUBOMIでは医療行為やカウンセリングは行っていませんが、被害について話を聞くことはできますし、提携している医療機関などを紹介することもできます。また今は、「ワンストップ支援センター」という性暴力被害者のためのセンターもあります。医療や司法など諸々のサービスが1ヵ所に集まっているので、お近くにセンターがあれば、連絡するとよいと思います。

ただ、被害に遭った直後はショックに打ちのめされていて、病院や警察に行く、加害者を訴えるなど、積極的に何かをしたいという気持ちがなかなか湧きません。

ショックの現れ方は、眠れない、食べられない、家から出られないなど人によって様々です。一見、何事も起きなかったかのように振る舞う人もいますが、実は本人にはものすごく大きな負荷がかかっています。TSUBOMIには、10年以上も前に被害に遭った人から、「今でも被害を忘れられない」と、相談が寄せられることもあります。

次ページ自分のパートナーが被害に遭ったら
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT