「悲観論」にとらわれる人は絶対成功しない

出口治明×木暮太一の「白熱対談」

出口:うーん、僕は基本的に「来るものは拒まず、去る者は追わず」なんです。人間関係は受動的ですね。僕は講演の前後に必ず名刺交換をするのですが、そのアドレスにメールを送ってきてくださったり、あるいはツイッターやフェイスブックで質問してくださる方がいるわけです。それで、おもしろい質問やコメントが来て、おもしろいやり取りができると、会ってみたいと思うじゃないですか。そういう人に、「この日が空いているんですが飲みませんか」と声をかけるのです。偶然の出会いの中で、それこそ肩肘張らずにお付き合いする機会を作っていますね。

木暮:では、ものすごく闇ってる人が近付いてきたらどうしますか?

悲観論は歴史上全敗している

出口:僕は多分、闇っている人をおもしろいと思わないんでしょうね。今まで出会いませんでしたから。

会場:(笑)

出口:先ほど言ったように悲観論は歴史上全敗しているし、いろいろな統計を見て、世界でいちばん悲観的なのは日本人だというファクトもあります。ですから、「この闇ってる人は、歴史もファクトも知らないんだな」と思うので興味が湧かないんじゃないでしょうか。

木暮:闇ってる人を自動的にフィルタリングするんですね。

出口:というより、僕は本当にeasy goingで、基準は「楽しいか楽しくないか」だけなんですよ。もちろん思いのほか楽しくないときもありますが(笑)、自分で選んだことですから後悔はしません。この本を読んだらおもしろそうだとか、この場所に行ったら楽しそうだとか、だいたい楽しい、面白いという基準で選んでいます。

木暮:自分の感性に従って、あまり難しく考えないということですね。

出口:「この人と友達になると得するか損するか」なんて考えず、自分の気持ちに正直になったほうが人生楽しいですよ。

木暮:そうですね。でも、僕は最近人付き合いのスタンスが少し変化していて。実は、ちょっと前まで自分はものすごく根暗だと思っていたんですよ。

出口:ええっ、全然そんなことないじゃないですか。……あ、そう言えば僕も、一時期自分のことを根暗だと思っていましたね。

会場:(笑)

木暮:お互いに自分のことはわからないものですね(笑)。それで、自分は根暗だと思っていたので、元気がよすぎる人と知り合いになっても勢いに押されて「あ、僕はいいです」ってコミュニケーションの土俵から降りていたんです。でも、最近は土俵際で踏ん張って付き合うようにしていて。そうするとやっぱり新しい出会いになるんですよね。気がつくと、その人の超積極的な人付き合いに自然と染まっていたり……。最初から拒絶せずに染まってから判断すればいいかな、というような気持ちになってきました。

次ページ迷った時はサイコロ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT