京都ホテル、強豪リッツ進出に戦々恐々

ライバルへの宿泊客も誘うしたたか戦略とは

レストランや喫茶へリッツ宿泊客の回遊も意識

リッツ・カールトンの京都進出も、こうした国内外からの観光需要の広がりを意識したものだろう。円高修正は外国人客の日本旅行需要を押し上げる期待もある。

京都ホテルの客層のすべてがリッツと重なるわけではないが、ラグジュアリーホテルを好む富裕層顧客への一定のダメージは避けられない。だから、14年春の進出に向けた対抗策にはがぜん力が入る。高層客室階「エグゼクティブフロア」の大幅改修を実施(13年4月リニューアルオープン)するほか、リッツ以外にも大型婚礼施設の進出が予定されているため、敷地内でチャペルの新設に着手する。

ライバルを迎え撃つ一方で、リッツ宿泊客を含めた近隣客の回遊にも知恵を絞る。史跡・一之舩入に面するレストラン「ラ・テラス了以」をリニューアルし、観光がてらの飲食需要をしたたかに取り込む。了以の隣には12年末にカフェ「ル・プティ・スエトミ」もオープンしている。125周年イベントや、大河「八重の桜」にちなんだ宿泊プランも充実させ、顧客の利用増を促していく。

同社は京都ホテルオークラ(京都市中京区)に加え、同市下京区の「からすま京都ホテル」の2拠点体制。ほかに京都市東山区で和風料理旅館の「粟田山荘」を経営する。

01年に業務提携したホテルオークラから、05年に資本参加を受けた。また、資本参加で経営支援を受けるニチレイとは、食品や不動産などで業務面でもつながりを持つ。オークラのブランド効果で外国人客への認知が徐々に高まっており、収益力の改善で総資産の76.9%を占める有利子負債の削減につなげたいところだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。