任天堂の4─6月期は245億円の最終赤字、為替差損350億円計上

為替差損を350億円計上

 7月27日、任天堂が発表した4─6月期連結決算は、最終損益が245億円の赤字(前年同期は82億8400万円の黒字)だった。写真は京都市で2013年1月撮影(2016年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 27日 ロイター] - 任天堂<7974.T>が27日発表した4─6月期連結決算は、最終損益が245億円の赤字(前年同期は82億8400万円の黒字)だった。営業外で350億円の為替差損を計上したことなどが響いた。

売上高は前年比31.3%減の619億円だった。円高の影響に加え、据え置き型ゲーム機「Wii U」の販売が前年比53%減の22万台と大きく落ち込んだことなどが足を引っ張った。

営業損益は51億円の赤字(前年同期は11億円の黒字)だった。

通期予想は据え置いた。営業利益はトムソンロイターが調べたアナリスト18人の予測平均値483億円をやや下回る前年比36.9%増の450億円を見込んでいる。

任天堂をめぐっては、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」が大ヒットとなったこと受け、株価は一時6年3カ月ぶりの高値となる3万2700円まで上昇したが、22日に「業績に与える影響は限定的」と発表したことで急落。27日は2万2305円で取引を終えた。

ポケモンGOは米グーグル<GOOGL.O>からスピンアウトした米ゲーム会社ナイアンティックが開発・配信を手掛け、ポケットモンスターの権利を保有している「ポケモン」はライセンス料と開発運営協力費を受け取る関係にある。

ポケモンは任天堂が32%出資する持ち分法適用会社。任天堂はナイアンティックにも出資しているが、出資比率は明らかにしていない。

任天堂はアプリと連動する周辺機器「ポケモンGOプラス」を7月末に発売する予定だったが、準備に遅れが生じているとして、発売時期を9月に延期した。

*内容を追加して再送します。

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。