「猛暑のほうが経済は活性化する」は本当か

気温と企業業績、真の連動性を探る

・猛暑が影響を与える際の仮説

猛暑が影響するのであれば、こういう関係が成立するはずだ。

 

3業界の営業利益率と平年差を比較

そこで、1954年から2015年までの60年分を調べてみた。当然だが、平年差は、夏真っ盛りの四半期「7~9月」を使い、企業業績についても「7~9月」を使った。通年にしてしまうと、暖冬の影響を加算してしまうからだ。

その60年分で、全産業との関係を見てみた。

 

繰り返すと、横軸は企業の営業利益率、そして縦軸は平年差だ。見ていただいたとおり、関係性を導くことは困難だ。なお、統計的には、決定係数を見ればいい。これは、0から1までを取り、1になるほど、2つの相関が強いことになる。

その決定係数は、0.059542111にすぎない。これでは、相関は、ほぼ存在しないといってよい。なお、気象庁は東日本と西日本でわけているため、このような比較となったが、西日本と比較しても0.033573794であるのを付け加えておく。

さらに、食料品製造業とも比較してみた。

 

ご覧のとおり、相関性はやはり見られない。なお、決定係数は、0.062864366にすぎない。おなじく相関性はないといって良いレベルだ。

次ページ猛暑と小売業との関係はどうか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。