次の日銀総裁は誰か?

日銀・白川総裁が異例の辞任表明

  3月19日の辞任を表明した日銀・白川総裁。就任も、引き際も異例だった

就任も異例なら、引き際もまた異例の展開だ。2008年の総裁就任会見で「このたび、まったく図らずも総裁の任命を受けることとなりました」と話していた白川方明日本銀行総裁。今度は4月の任期満了を待たずして、3月19日に総裁職を辞任することを表明した。

白川総裁は、週末にソウルで開かれた国際決済銀行(BIS)の特別総裁会議に出席し、4日昼に帰国。そして、5日にメンバーを務める経済財政諮問会議に出席後、官邸で安倍首相に辞任の意向を伝えた。

「政府の圧力」「抗議の辞任」は否定

5日の22時から日銀本店内で会見を行った白川総裁は、辞任理由について、「総裁、副総裁2人の体制が同時にスタートできるようにするため」と説明した。現任の副総裁2人の任期満了は3月19日。

日本銀行政策委員会(9名)の人事は国会の同意事項であり、後任が決まれば3月20日から新たな副総裁が就任する。白川総裁の任期は4月8日であり、「新しい副総裁の任期である3月20日から、(退任の時期まで)3週間弱のズレがある。新しい体制の下で金融政策を議論するには、(新たな総裁と副総裁の)同時スタートが最も自然。その自然さのメリットが大きい」とも述べた。

次ページ白川総裁は「自然さ」を強調したが・・・
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT