日本株が米国株に比べて魅力が薄いワケ

勢いだけでは相場は長続きしない

中長期の株高持続にはROE上昇が不可欠

「日本の市場にはこれまで、売り方が自らの投資行動を正当化できる3つの根拠があった」。あるベテランの証券アナリストはそう話す。具体的には、1)株式市場の存在に否定的なスタンスの政府、2)決して本気では金融緩和に取り組まない日銀、3)株主の利益を増やすことは絶対にしない多くの日本企業、だという。

1)と2)に関しては、“絶対変わらない”という売り方の“信頼”が崩れつつあるが、もっとも問題なのは3)」と同アナリストは指摘する。「日本にはなぜ、株主資本利益率(ROE)が低いなどと言われなければならないのかと考えている企業経営者が多い」(同)。

 日本の上場企業のROEは今12年度予想ベースで6.1%。米国の16.5%を大幅に下回っている。中長期にわたって、海外勢や個人投資家の資金を日本株市場に引き付けるためには、企業トップの「変化」も欠かせない。

(撮影:尾形 文繁)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT