ドコモ、巻き返し策の実力

激安タブレット投入で独自サイト強化

昨年11月の契約数が5年3カ月ぶりに純減となるなど、顧客獲得に苦しむNTTドコモ。巻き返しに向けて、1月22日に開催された13年春モデルの製品発表会では、スマートフォンやタブレットなど12機種の新製品を披露した。

フルHDディスプレイや大容量バッテリーを採用するなど、iPhone5(アイフォーン5)」に対抗できる製品をそろえた。

スマホ、タブレット、テレビを連携

加えて、ドコモはもう一つ顧客に訴える“魅力”も発表した。音楽や動画、ゲーム、物販を展開する独自サイト「dマーケット」の強化を見据えた新サービス「ドコモ スマートホーム」である。家庭内のスマホやタブレット、テレビを連携させて、どの端末でも自由にコンテンツを楽しめるサービスだ。

このサービスの目玉として専用のタブレット端末を用意した。Wi-Fiに対応する「dtab」(中国・華為技術 3月下旬発売)だ。追加料金なしで、dマーケットのサービスを利用できる。驚くべきは価格だ。9月末までのキャンペーンを利用すると9975円と1万円を下回るのである。加藤薫社長も「戦略的な価格」と胸を張る。

そして、テレビとスマホを連携させるのが、「Smart TV dstick」(8925円、3月発売)と呼ばれる製品だ。これをテレビにつなげば、dマーケットで購入し、スマホで見ていた映画やアニメをテレビで視聴できる。逆に、家庭のレコーダーで録画した映像をスマホで視聴することも可能となる。サービス利用には、Wi-Fi環境が必要なため、無線LANルーターも無償でレンタルする。

次ページ新サービスは魅力的か?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT