日産と三菱自、EV陣営“生みの苦しみ”

政府がインフラ整備に大盤振る舞いも、予算は大幅未消化

充電スタンド整備に対する補助事業は、「クリーンエネルギー自動車等導入促進事業」としてすでにこれまで実施されている。この事業は、EV、PHVやクリーンディーゼル自動車、充電スタンド本体の購入に対して補助金を出すというもの(エコカー補助金とは別もの)。充電スタンド本体価格の最大2分の1を補助している。

2012年度予算では11年度の積み残し分を含め440億円が計上されているが、12年12月26日時点で補助金申請が受理されたのは122億円、そのうち充電スタンドに対しては5億6115万円が受理されているに過ぎない。年度末までには、これからある程度は増えるだろうが、予算消化は程遠い状況だ。なお、同事業は2013年度の概算要求にも継続して盛り込まれているが、内容が重複する部分は、補正予算に組み込まれる見込みだ。

自動車課では「補正予算の新制度では、設置工事費にも補助金を出すようにしたほか、自治体の計画に沿えば補助率が大幅に上がる。整備は進むと見ている」と強調する。

運用コストがネックになるか

実質的な補助率が上がるのは確かに追い風だろうが、設置すると運用コストがかかってくる。そもそも肝心の電気自動車(乗用車)はまだ全国で4万台程度しか普及していない。利用料金で投資コストや運用費用を回収するのは、当面は不可能だ。

そのうえ、急速充電器の規格は現在、日本勢の推す「チャデモ」方式と、欧米勢が推す「コンボ」方式が、規格争いをしており、日本勢はやや劣勢。将来的にコンボになった場合や、併存になった場合は、無駄な投資になりかねない。

政府の重点施策の1つとはいうものの、整備が一気に進むにはハードルがありそうだ。EV陣営の悩みは尽きない。

(撮影: 今 祥雄 *タイトル下写真)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。