「パズドラ」、大規模障害の波紋

大人気スマホゲームに露呈したリスク

ユーザーの信頼が全て

一方でソーシャルゲームは、ユーザーがデジタルアイテムの価値が低いと判断した場合、収益が一気に落ち込むリスクを抱えている。ゲームが終了しなくとも、運営側のミスで、ユーザーの信頼を失ってしまうケースがある。12年2月に起きた、グリーの「ドリランド」におけるデジタルアイテムの不正複製問題は、そのようなケースの典型と言えるだろう。

パズドラはデジタルアイテムの”価値”を上手く引き上げることで、膨大な課金ユーザーを獲得することに成功した。しかし、今後同じ障害が起きれば課金ユーザーの離反を招くことになりかねない。

13年も台風の目であり続けるのか。一時のブームで終わってしまうのか。ガンホーに同じ過ちは許されない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。