選挙運動がネット上で できるよう法改正すべきですか?

東洋経済1000人意識調査

56.6%が「法改正すべき」

今回の衆議院選挙ではインターネットを使った選挙運動の解禁が見送られたが、実際にはネット上に街頭演説の動画や応援コメントがあふれた。今後はネットを使った選挙運動ができるよう法改正すべきか。56.6%が「法改正すべき」と答えた。

今回の衆議院選挙では、インターネットを使った選挙運動の解禁が見送られましたが、実際はネット上に街頭演説の動画投稿や支援者の応援コメントなどがあふれていました。

今後、ネットを使った選挙運動ができるよう法改正すべきでしょうか。

(編集部 =週刊東洋経済 2012年12月29日-1月5日 新春合併特大号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT