出店攻勢に拍車かかるコスモス薬品

九州地盤のドラッグストアが急拡大

 

コスモス薬品の店ですべての商品が激安で購入できるとわかれば、特売品を求めてスーパーを何店もはしごする必要もなくなり、顧客はコスモス薬品でワンス トップショッピングをするようになる。その結果、コスモス薬品はその商圏における生鮮3品以外の消耗品のシェアを根こそぎ奪取するというわけだ。

コスモス前線が東進中

小売市場の激戦区とされる九州で、このビジネスモデルが大当たり。福岡に96店、宮崎に57店、熊本64店など、九州エリアだけで約360という大量の店 舗を出店して市場を制覇。2004年以降は中・四国への進出を強化(約100店舗)、その東端は近畿の兵庫県(17店舗)まで及んでいる。つまり、桜前線 ならぬコスモス前線が東進中なのである。

驚異の「小商圏型メガドラッグ」戦略、近畿圏でも九州と同様の成果を収める事となれば、中部・関東エリアまで進出するのは時間の問題となろう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。