“体育会系”居酒屋では勝ち残れない

「塚田農場」APカンパニー社長に聞く

どんなことも最初は演じることからスタートする。演じているうちにだんだん本気になってくる。僕はもともと俳優を目指していたからよくわかる。

日南市の地鶏生産で、「あった!社会性」

一番のきっかけになったのは宮崎県日南市での地鶏生産。人口3万人の小さな町で、最初はゼロから始まった。地鶏の生産者と日南市の行政、僕ら販売が混ざることで規模が大きくなった。

今では13の農家と契約しており、200人の雇用を生んでいる。たまに日南市に行くと、市長が会いに来て胴上げしてくれようとする。こんな僕でも、地方の活性化に貢献することができるんだ、というのが「社会性」につながってくる部分。不動産業ではなかなか見つけられなかったけれど、飲食業では「あった!社会性」と答えを見つけることができた。

まだまだ全国にたくさん埋もれている商材、困っている生産者や地方自治体がある。いろんなところと手を組むことで第1次産業の活性化につなげたい。

――米山社長の著書『ありきたりじゃない 新・外食』には、「どういうビジョンを達成するか」よりも「誰となら達成できるか」を考えると書かれている。具体的には。

僕は東京・八王子出身で、地元の同級生とAPカンパニーを立ち上げた。創業した2000年代前半は創業メンバーと一緒に年商20億円を目指した。最初は年商20億円なんて夢のようだったが、居酒屋を10店舗、20店舗と増やし、夢は3~4年ですぐかなった。

そのあと、僕が第1次産業や地方の活性化など「食産業を変える」というミッションを持ったとき、実現した夢なんて小さな話に見えてきた。20億円までは彼らと一緒でよかったが、100億円、1000億円やって、食産業を変える、となれば無理だった。

次ページ創業メンバーへの情も断ち切る
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。