ペプチドリーム、創薬ベンチャーの「爆発力」

株価がストップ高!営業利益率5割の実力は?

とはいえ、今期のような大量の新規契約が来期以降も継続するかどうかは、現時点ではわからない。

すでに共同開発では世界の大手製薬トップ20のうち9社(グループ会社含む)と契約済み。技術ライセンスも、米ブリストル・マイヤーズスクイブ、スイスのノバルティス、米イーライリリーの3社と結んでいる。新たな契約をとっていくのは、だんだん難しくなっていく。

それに、利益があがればその分、インフルエンザ治療薬の前臨床試験やがん治療薬など、2ケタにのぼる自社創薬のパイプラインの進展のため、資金を投下することになるので、業績がうなぎのぼり、というわけにはいかないだろう。さらに現在、東京大学駒場キャンパス・先端科学技術研究センター(東京都目黒区)の中にある本社・研究所が手狭になっており、2020年には神奈川県川崎市の殿町国際戦略拠点・キングスカイフロントに、新本社の建設・移転を計画している。総投資54億円(用地は2015年6月に10億円で取得済み)、延べ床面積8500平方メートル、研究者200人のキャパとなる。ちなみに2015年末の全従業員は52人だ。これらの先行投資もかさむ。

薬を患部に届けるアイデアも

一方、もうひとつ、新しいビジネスの柱に育ちそうなタネが現れてきた。

PDPSでできた環状ペプチドのうち、薬の候補にならないものがある。これを「DDS」(ドラッグ・デリバリー・システム)、つまり薬を患部に直接届ける”運び屋”として使おうというアイデアだ。

たとえば、これまで副作用などの全身反応が強く使いにくかった強い抗がん剤も、標的とする特定の腫瘍細胞に薬を直接届けることができれば、副作用が少なくなって使いやすくなる可能性がある。医薬品そのものではないが、新しい医薬品を生み出すブースターになる可能性が高まっている。「まだどの程度のビジネスに育つかわからないが、新たな柱になる可能性は十分ある」(関根喜之取締役)。

優良なビジネスモデルを持つ創薬ベンチャーとして、上場当初から注目を集めてきたペプチドリームが、本物のグローバル創薬企業となるかどうか、これからが本番だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。