トランプ氏、「メキシコ投資」めぐりGMを非難

キヤリアやナビスコもやり玉に

 6月7日、米大統領選挙で共和党の候補指名を確実にしたドナルド・トランプ氏は7日、メキシコに投資しているゼネラル・モーターズ(GM)を非難した。写真はサンノゼで2日撮影(2016年 ロイター/Lucy Nicholson)

[7日 ロイター] - 米大統領選挙で共和党の候補指名を確実にしたドナルド・トランプ氏は7日、メキシコに投資しているゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>を非難した。

このほか、フォード・モーター<F.N>を再び非難したほか、空調設備メーカーのキヤリア、食品メーカーのナビスコもやり玉に挙げた。

トランプ氏は自身が創設した「トランプ大学」をめぐる訴訟を担当する連邦地裁のメキシコ系判事に対する発言を釈明した声明の中で「私は米国に雇用を取り戻すために奮闘している。フォード、GM、ナビスコ、キヤリアといった多くの企業はメキシコに生産を移している。ドラッグや不法移民も国境を越えて流入している。これは全ての米国人にとって悪いことだ」とした。

トランプ氏陣営にGMを批判するに至った理由を尋ねたが、今のところコメントを得られていない。

GMの広報担当者はトランプ氏の批判に対するコメントを拒否した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。