トランプ氏、「メキシコ投資」めぐりGMを非難

キヤリアやナビスコもやり玉に

 6月7日、米大統領選挙で共和党の候補指名を確実にしたドナルド・トランプ氏は7日、メキシコに投資しているゼネラル・モーターズ(GM)を非難した。写真はサンノゼで2日撮影(2016年 ロイター/Lucy Nicholson)

[7日 ロイター] - 米大統領選挙で共和党の候補指名を確実にしたドナルド・トランプ氏は7日、メキシコに投資しているゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>を非難した。

このほか、フォード・モーター<F.N>を再び非難したほか、空調設備メーカーのキヤリア、食品メーカーのナビスコもやり玉に挙げた。

トランプ氏は自身が創設した「トランプ大学」をめぐる訴訟を担当する連邦地裁のメキシコ系判事に対する発言を釈明した声明の中で「私は米国に雇用を取り戻すために奮闘している。フォード、GM、ナビスコ、キヤリアといった多くの企業はメキシコに生産を移している。ドラッグや不法移民も国境を越えて流入している。これは全ての米国人にとって悪いことだ」とした。

トランプ氏陣営にGMを批判するに至った理由を尋ねたが、今のところコメントを得られていない。

GMの広報担当者はトランプ氏の批判に対するコメントを拒否した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT