ラルフ・ローレン、1000人削減・50店舗閉鎖へ

正社員の約8%に相当

6月7日、米アパレル大手のラルフ・ローレンは、約1000人を削減するとともに、50店舗を閉鎖すると明らかにした。フランクフルトで3月撮影(2016年 ロイター/KAI PFAFFENBACH)

[7日 ロイター] - 米アパレル大手のラルフ・ローレン<RL.N>は、約1000人を削減するとともに、50店舗を閉鎖すると明らかにした。年間1億8000万-2億2000万ドルの経費削減と売り上げ回復を目指す。

同社はまた、通年と第1・四半期の売上高が減少するとの見方を示し、株価は一時10%超急落した。

人員の削減規模は正社員のおよそ8%に相当するとしている。

4月2日時点で、直営店舗数は約493店。従業員数は約2万6000人で、正社員数は約1万5000人。

ラルフ・ローレンは、高級品の販売鈍化による打撃を受けているほか、下位ブランドの「ポロ」や「ローレン」はスウェーデンのへネス・アンド・マウリッツ(H&M)<HMb.ST>やスペインのインディテックス<ITX.MC>のザラなどとの競争が激化している。

店舗閉鎖などに伴い、今年度の純売上高は2ケタ台前半の落ち込みが予想されるとした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT