日本の産業界は足元の天候悪化が鮮明

【産業天気図・12年10月~13年9月】

「晴れ」業種の数は13年4月~9月には11業種に増える。足元が「曇り」ながら、新年度に晴れそうなのが、住宅・マンション、医薬、非鉄、精密、放送広告の5業種。住宅・マンションは、消費税導入前の駆け込み需要が見込めそう。医薬は薬価引き下げの影響が一巡、非鉄も金属価格の底打ちが期待される。

また、「曇り」は21業種に増える。これは、むしろ改善が多く、「雨」から「曇り」に改善が見込まれるのが、鉄鋼、化学、損保、コンビニ・スーパー、家電・AV、半導体、外食。いずれも「曇り」に持ち込むのがやっとともいえそうだ。

電力、海運、紙・パルプは苦戦続く

一方、「土砂降り」が続きそうなのが、電気・ガス。ガス会社は堅調が続くが、電力会社は原発再稼働の遅れにより代替火力燃料費の圧迫が続く。原発比率の高い電力大手では、来期も赤字が残りそうだ。

また、海運と紙・パルプも依然として雨模様。新造船の供給過多で船賃の低迷が続きそうな海運が厳しく、円高による印刷・情報用紙の輸入が増加している紙・パルプも内需の急回復が望みにくいため、雨が続きそうだ。

>>>次ページに主要業種の天気予報図

快晴=空前の活況で懸念材料なし。業界全体が増益へ
晴れ=主要各社が増益。懸念材料が消えれば「快晴」へ
曇り=市場環境や成長性に陰り。主要各社が収益横ばいか減益。
    回復か一段悪化か微妙
=競争激化や市場縮小で環境厳しく、主要各社が大減益か赤字
土砂降り=従来より業績見通しが悪化、回復のメドが立たない

 

 

次ページ注目の天気予報図
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT