トヨタ自動車が最大9工場で生産停止

愛知県系列工場の爆発事故の影響

 5月31日、トヨタ自動車は、自動車用ブレーキなどを製造する愛知県の系列工場で30日に起きた爆発事故をうけ、同社の高岡工場を含む3社4工場6ラインで生産を停止した。2月撮影(2016年 ロイター/Mal Langsdon)

[東京 31日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は31日、自動車用ブレーキなどを製造する愛知県の系列工場で30日に起きた爆発事故をうけ、同社の高岡工場を含む3社4工場6ラインで生産を停止した。さらに1日朝から元町工場など5社9工場14ラインを止める。

トヨタでは「今後1─2日で生産を全面再開したい」(広報部)としている。

爆発が起きたのは系列の大手部品メーカー、アイシン精機<7259.T>子会社で自動車用ブレーキなどを製造するアドヴィックスの刈谷工場(同県刈谷市)。30日午後0時5分ごろの爆発で、同社の従業員4人が負傷した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT