トヨタ自動車が最大9工場で生産停止

愛知県系列工場の爆発事故の影響

 5月31日、トヨタ自動車は、自動車用ブレーキなどを製造する愛知県の系列工場で30日に起きた爆発事故をうけ、同社の高岡工場を含む3社4工場6ラインで生産を停止した。2月撮影(2016年 ロイター/Mal Langsdon)

[東京 31日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は31日、自動車用ブレーキなどを製造する愛知県の系列工場で30日に起きた爆発事故をうけ、同社の高岡工場を含む3社4工場6ラインで生産を停止した。さらに1日朝から元町工場など5社9工場14ラインを止める。

トヨタでは「今後1─2日で生産を全面再開したい」(広報部)としている。

爆発が起きたのは系列の大手部品メーカー、アイシン精機<7259.T>子会社で自動車用ブレーキなどを製造するアドヴィックスの刈谷工場(同県刈谷市)。30日午後0時5分ごろの爆発で、同社の従業員4人が負傷した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT