インドが経済の急成長より安定をめざす理由

国際市場に左右されない政治体制を作れるか

しかしながらインド経済はすでに、十分な高成長を達成している。実際、世界経済の成長が芳しくなく、国内で2度の大きな干ばつに見舞われたにもかかわらず、成長率は7%を上回っている。かつてなら、これらの1つの事態に直面しただけで、経済は急降下していたはずである。

課題は、こうした基盤の上にどう安定した経済を築くかである。今、各国が豊かになるにつれ、貿易外のサービスが膨らみ、さらに世界的な生産過剰によって貿易の伸びが抑えられている。インドもかつてのように、貿易が2ケタ成長を記録するような事態は起こりにくい。

こうした状況を憂慮し、輸出関連の業界団体からは、当局が介入して通貨ルピーの価値を下げるよう要求されることもある。実際、ルピーは15年初め以降、対ドルで約6%下落し、インド製品の輸出を下支えした。

一方、経済成長を期待する国民からは、強いルピーを期待する声も大きい。自国通貨の強さは、国家自体の強さをイメージさせるだけでなく、海外旅行でより多くの物が買えたり、輸入品が安くなったりするメリットがあるからだ。

為替は競争力の尺度の1つにすぎない

しかしインドにとって理想的なのは、強くも弱くもない「ゴルディロックス・レート」(適正水準のレート)である。これはあくまで市場原理が前提で、RBIは他国通貨に対し、秩序ある相場維持のためだけに為替介入する。為替レートはあくまで競争力の1つの尺度にすぎない。むしろ重要なのは生産性である。

インドの輸出を増やそうとするなら、よりよいインフラで生産し、よりよい教育機関で人材を育成し、不公正な規制を緩和することが不可欠だ。

「どの産業を奨励するか」とよく聞かれるが、特定産業を奨励するのは、その産業をダメにすることだと私は答える。政策立案者としての私の仕事は、あくまで企業活動をスムーズにする基盤作りであり、その方向を指図することではない。

週刊東洋経済6月4日号
 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。