パチスロ最大手ユニバーサルがロイター提訴

比カジノめぐる疑惑報道で

パチスロ大手で、海外でカジノ経営に参画しているユニバーサルエンターテインメントは12月4日、ロイター(トムソン・ロイター・コーポレーション)が11月16日と同30日に報道した記事について、同社の見解を発表した。

損害賠償の一部請求訴訟を提起

ユニバーサルは、「ロイターの記事は悪意に満ちたものであり、当社といたしまして断固抗議するとともに、ロイターは当該偏向的報道によってもたらした損害について、全面的にその法的責任を負うべきものと考えられることから、同社に対して法的措置をとることも検討いたします」と、今後、法的措置を検討していることも明らかにした。

そして同日夕方、あらためて追加リリースを出し、ロイターと同社の記者および編集者に対し、「損害賠償の一部請求訴訟」を東京地裁に正式に提起したと発表した。

ロイターが11月16日と同30日に報道した内容は、現在ユニバーサルがフィリピンのマニラで進めているカジノリゾート建設に関し、「ユニバーサルが、現地のカジノ規制当局首脳の側近に不正な資金提供をした疑いがあるとして、米国のカジノ規制当局が調査に乗り出している」とし、周辺取材などから、断定はしていないものの、ユニバーサルが、現地での許認可を得るため不正な資金を使った疑惑があるのでは、というものだ。

次ページ「事実無根」vs.「報道に自信」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。