パチスロ最大手ユニバーサルがロイター提訴

比カジノめぐる疑惑報道で

パチスロ大手で、海外でカジノ経営に参画しているユニバーサルエンターテインメントは12月4日、ロイター(トムソン・ロイター・コーポレーション)が11月16日と同30日に報道した記事について、同社の見解を発表した。

損害賠償の一部請求訴訟を提起

ユニバーサルは、「ロイターの記事は悪意に満ちたものであり、当社といたしまして断固抗議するとともに、ロイターは当該偏向的報道によってもたらした損害について、全面的にその法的責任を負うべきものと考えられることから、同社に対して法的措置をとることも検討いたします」と、今後、法的措置を検討していることも明らかにした。

そして同日夕方、あらためて追加リリースを出し、ロイターと同社の記者および編集者に対し、「損害賠償の一部請求訴訟」を東京地裁に正式に提起したと発表した。

ロイターが11月16日と同30日に報道した内容は、現在ユニバーサルがフィリピンのマニラで進めているカジノリゾート建設に関し、「ユニバーサルが、現地のカジノ規制当局首脳の側近に不正な資金提供をした疑いがあるとして、米国のカジノ規制当局が調査に乗り出している」とし、周辺取材などから、断定はしていないものの、ユニバーサルが、現地での許認可を得るため不正な資金を使った疑惑があるのでは、というものだ。

次ページ「事実無根」vs.「報道に自信」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。