パチスロ最大手ユニバーサルがロイター提訴

比カジノめぐる疑惑報道で

パチスロ大手で、海外でカジノ経営に参画しているユニバーサルエンターテインメントは12月4日、ロイター(トムソン・ロイター・コーポレーション)が11月16日と同30日に報道した記事について、同社の見解を発表した。

損害賠償の一部請求訴訟を提起

ユニバーサルは、「ロイターの記事は悪意に満ちたものであり、当社といたしまして断固抗議するとともに、ロイターは当該偏向的報道によってもたらした損害について、全面的にその法的責任を負うべきものと考えられることから、同社に対して法的措置をとることも検討いたします」と、今後、法的措置を検討していることも明らかにした。

そして同日夕方、あらためて追加リリースを出し、ロイターと同社の記者および編集者に対し、「損害賠償の一部請求訴訟」を東京地裁に正式に提起したと発表した。

ロイターが11月16日と同30日に報道した内容は、現在ユニバーサルがフィリピンのマニラで進めているカジノリゾート建設に関し、「ユニバーサルが、現地のカジノ規制当局首脳の側近に不正な資金提供をした疑いがあるとして、米国のカジノ規制当局が調査に乗り出している」とし、周辺取材などから、断定はしていないものの、ユニバーサルが、現地での許認可を得るため不正な資金を使った疑惑があるのでは、というものだ。

次ページ「事実無根」vs.「報道に自信」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。